医療ミス・医療事故、医療をめぐるトラブル解決は、専門弁護士とドクターが重要

【弁護士法人ウィズ】医療ミス・医療事故・弁護士・医師相談ネットワーク

カルテの任意開示はどのような段取りで行えば良いですか?

回答

例えば、ある治療法の説明があったか否かが問題になる場合、死亡事案で患者の病態が不明等、カルテの改ざんがあり得るかで違いがあります。カルテの改ざんがありうるのであれば、を利用してもらうことをお勧めします。カルテの改ざんがないと思われる場合は、ご自分でカルテの開示を受けることが可能です。医師のなかには開示を嫌がる傾向がありますが、厚生労働省が発表しているガイドラインに沿って対応ください、と告げれば開示してくれるはずです。それでも対応してくれないときは、当事務所にご連絡ください。 

医療過誤・弁護士・医師相談ネットへのお問い合わせ、関連情報

弁護士法人ウィズ 弁護士法人ウィズ - 交通事故交渉弁護士 弁護士法人ウィズ - 遺産・相続・信託・死後事務 法律相談窓口

ページの先頭へ戻る