過去の対応実績(一例) | 医療過誤・弁護士・医師相談ネット【弁護士法人ウィズ】

医療過誤・医療事故など医療をめぐるトラブル解決は、専門弁護士と医師ネットワーク

医療過誤・弁護士・医師相談ネット【弁護士法人ウィズ】

過去の対応実績(一例)

医療過誤ドットコムが手がけた事例の一部をご紹介いたします。

医療過誤・医療事故・医療ミスの解決例としてご覧ください。
 
ご自身のお悩みごとについては、お電話0120-797-163ご相談フォームからご連絡ください。

内視鏡下椎間板摘出手術後の事故。
平成24年10月  39歳主婦が,Y病院にて内視鏡下椎間板摘出手術を受けた。術中,第2仙骨神経根等を損傷した(馬尾神経損傷)。術後から,陰部,膀胱周囲及び肛門に知覚鈍麻が発生し,尿失禁及び便失禁が認... 続きを読む»
老人ホームでの嚥下事故。
平成22年9月 老人ホームでの嚥下事故。訴訟提起後、ホームの責任が認められ、高額和解。... 続きを読む»
交通事故後、輸液管理のミスで死亡。
平成20年7月 交通事故後、搬送先病院で輸液管理のミスで死亡。訴訟提起後、高額で和解。... 続きを読む»
幼児の骨折事故でフォルクマン拘縮発症。
平成19年8月、幼児の骨折事故で手術後の処置にミスがあり、フォルクマン拘縮発症。訴訟外で和解。... 続きを読む»
献血の針でCRPSを発症。
平成17年10月 献血の針でCRPSを発症。訴訟提起後、高額で和解。... 続きを読む»
幼稚園での落下事故後、フォルクマン拘縮を完成させた。
平成15年8月 幼稚園での落下事故後、医師が搬送義務を懈怠。フォルクマン拘縮を完成させた。成年期になり訴訟提起。医師が責任を認め、高額で和解。... 続きを読む»
手術中にガーゼが残置された事故
平成15年5月 手術中にガーゼが残置された事故。肩こり等が続くことで手術から3年後に発覚。健康には実害はなかったが、病院が謝罪したので、高額で和解。... 続きを読む»


医療過誤・弁護士・医師相談ネットへのお問い合わせ、関連情報

着手時無料!初期費用無料!相談は何度でもどうぞ!

Line友だち追加
Lineでも相談受付中

懇切丁寧に伺います。示談金を増やす無料相談はこちら→0120-797-163(ナクナ イリョウミス)へ。/年中無休/受付時間:9時~18時/※現在、関東地方を対象としています。

弁護士法人ウィズ 弁護士法人ウィズ - 交通事故交渉弁護士 弁護士法人ウィズ - 遺産・相続・信託・死後事務 法律相談窓口

ページの先頭へ戻る