医療ミス・医療事故、医療をめぐるトラブル解決は、専門弁護士とドクターが重要

【弁護士法人ウィズ】医療ミス・医療事故・弁護士・医師相談ネットワーク

過去に起きた件で、医療訴訟を考えていますが、消滅時効という制度があると聞きました。 時効が完成すれば、医療機関の責任は問えなくなるのでしょうか?

回答

医療機関の責任を問う場合、不法行為という第三者に責任をとってもらう法律構成と、医療契約当事者という関係で責任をもってもらう債務不履行という構成があります。前者であれば、時効期間は3年です。後者であれば、10年です。ですので、債務不履行構成をとれば時効はさほど気にする必要ありません。 ですが、遅くなれば、それだけ証拠等が散逸します。カルテの保管義務は5年、レントゲン写真などは2年とされていますので、一刻も早い相談が必要と思います。 

医療過誤・弁護士・医師相談ネットへのお問い合わせ、関連情報

弁護士法人ウィズ 弁護士法人ウィズ - 交通事故交渉弁護士 弁護士法人ウィズ - 遺産・相続・信託・死後事務 法律相談窓口

ページの先頭へ戻る